廃 車 体
美祢サーキット
イベント時の観客輸送に使用されたMANのなれの果てです。ライトはもげて丹下左善状態。
一時は提携関係にあった姫路セントラルパークのジャンボクルーザーが応援に駆けつけることもあったそうです。
MANの9メーター車はアシナトランジットに入った1台のみ。中古屋に鎮座するこの車、色は違えど名残が伺えます。 「日本一豪華な犬小屋」?と思われるN326Jの姿です。ホテルの送迎に使用されていましたが、哀れな末路です。 中古屋に並ぶ宮城野観光のN116。なんとかこのまま再起してほしいものです。
数少ない9メーターのネオプラン・ジェットライナーの廃車体です 姿を留める貴重なゼトラの廃車体でしたが、2003年夏には姿を消していました。 部品取りとして保管されるネオプランN117スペースライナーです。
つくば博で100台が導入されたボルボの連接バス。空港交通で生き残った車も、すでに全車退役しました。 リトルワールドへのアクセス用に名鉄が導入したバンホールAU138の廃車体です。 台湾製のネオプラン・コピーの廃車体です。どうして日本に紛れ込んで来たのか、謎は深まるばかり。
こちらは倉庫として利用されているボルボ連接です。 物置?になった、ジパングのネオプランです。 日本に3台しか輸入されなかった貴重なアストロンの内の1台。
ボルボ・アステローペの廃車体もみつかりました。 カフェバーとして活用されるロンドンバス。今にも動きだしそうです。 用途不明のロンドンバス廃車体です。
こちらはアイスクリーム屋さんでしょうか?。綺麗に塗装されて使用されています。 こちらはお花屋さんとしての再利用。 事務所として活用されているネオプラン・スカイライナーです。
稀少車メトロライナーも哀れ解体の運命。
2008年夏、奇跡の復活(自家用ページ参照)
ボルボ連接車の廃車体。
その後個人に引き取られました。
道南の姿を留める、グランビュー。
再起の可能性はあるのでしょうか?
このまま処分されるかと思ったら、自家用として復活しました。 アタゴタクシーのインターシティライナーも、まだ廃車体が残っていました。 JRのボルボも一気に廃車が進んだようです。

ネオプラン・N122/3スカイライナー

ネオプラン・N122/3スカイライナー
バスラーメンとして姿を留めるネオプラン・スカイライナー。 哀れ、アンパンマンのなれの果て。

表紙へ戻る